鼻前庭炎
ここでは鼻の痛みの原因となる病気、鼻前庭炎について詳しく説明していきます。

鼻の入口付近が赤く腫れていたり、鼻先が腫れて痛い場合に考えられるのが鼻前庭炎という病気です。鼻先をこすったり鼻をほじる癖がある方は注意が必要です。鼻の穴周辺にできものやかさぶたができる場合は、この病気である可能性も高まります。
鼻前庭炎とはどんな病気なのでしょうか?詳しく説明していきましょう。


sponsored link



【鼻前庭炎とは】

鼻前庭炎とは、鼻の入口からすぐの鼻前庭という場所に炎症を起こした状態を言います。鼻前庭は鼻孔(鼻の穴)の開口部すぐの鼻毛が生えている場所で、鼻をほじったり鼻をかみすぎることで細菌感染を起こすと炎症を起こします。鼻先や鼻の入口に症状が現れるのが特徴で、どちらかというと大人より子供に多く見られます。

【鼻前庭炎の原因】

鼻前庭炎を起こす原因で最も多いのが、皮膚の常在菌であるブドウ球菌による感染です。ブドウ球菌は皮膚に常に一定量存在しているのですが、抵抗力が落ちたりして以上に繁殖することが炎症を起こす原因となります。鼻をこすったりほじったりする癖がある方や、鼻毛を抜いたり必要以上にカットしすぎると鼻前庭炎を起こしやすくなります。

【鼻前庭炎の症状】

鼻前庭炎の症状は、鼻先の痛みやかゆみ、鼻が腫れて痛い、毛嚢炎(鼻毛の根元にブツブツが出来る、毛包炎とも呼ぶ)などが挙げられます。また鼻の入口にかさぶたができることも多く、それが痛みやかゆみを助長することになり、かさぶたが剥がれて出血するとより症状が悪化します。重症化すると鼻せつに発展し、鼻全体が腫れたり顔面が腫れるなど症状もひどくなります。


sponsored link



【鼻前庭炎の治療】

鼻前庭炎の治療は、ブドウ球菌に有効な抗生物質入りの軟膏(バシトラシン軟膏やムピロシン軟膏など)を塗布する薬物療法が基本となります。痛みや炎症が強い場合は、軟膏だけでなく内服薬も使用し消炎鎮痛剤も合わせて用いられます。


このページを見た方は次のページもよくご覧になっています。


⇒ 鼻せつ

⇒ 鼻をほじる・喫煙などの刺激

⇒ 慢性鼻炎

⇒ 鼻が腫れる

⇒ 鼻にできものができる




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
hanaitai21★yahoo.co.jp
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。