鼻血が出る
ここでは鼻血が出て痛い場合に考えられる原因について、ご紹介していきます。

鼻血が出ることを医学用語では「鼻出血」と呼びます。鼻血は体からの出血において、最も起こりやすく頻繁に見る機会の多い出血です。元々粘膜は皮膚と比べると薄く傷つきやすく出血しやすい場所でもあるので、皮膚からの出血より多いのも頷けます。また鼻血が出る原因のほとんどは問題のない出血ですが、稀に重篤な病気の症状として現れている可能性もあるので、注意が必要です。


sponsored link



鼻血が出て鼻が痛い場合に考えられる原因や病気には、以下のようなものが挙げられます。
風邪などの感染症・・・風邪など感染症が鼻血を直接起こすというわけではなく、鼻水や鼻づまりを解消する為に鼻をかみ過ぎることが原因となります。特に感染症時には鼻の粘膜は炎症を起こし充血している状態なので、普段よりも刺激に弱い状況なので鼻血が出やすくなります。
花粉症(アレルギー性鼻炎)・・・上記と同様、鼻水が止まらないからと鼻をかみ過ぎることが原因となります。
蓄膿症(副鼻腔炎)・・・蓄膿症も同様で、鼻をかみ過ぎることが原因で鼻血が出ることがあります。鼻腔がんとも症状が似ているので発見が遅れやすく、鼻血が出るほどの場合は進行がんの可能性も高まる為、注意が必要となります。
鼻骨骨折・・・外傷による強い衝撃によって鼻出血を伴います。通常の鼻血と比べると出血量も多く、放っておくのは危険ですので素早い処置と止血が求められます。
鼻をほじる刺激・・・鼻血の原因のほとんどが自傷行為、すなわち鼻をほじる行為です。癖になっている人も多いですが、鼻血だけでなくそこから感染し化膿することも有り得るので注意が必要です。


sponsored link



鼻以外に原因があって鼻血が出るような原因としては、以下のようなものが挙げられます。
高血圧・・・血圧が高いと血管が破れやすく出血しやすくなります。お風呂でのぼせたりほてりを感じた時、興奮した時などが挙げられます。特に男性は成長期など寝起きの際に鼻血が出やすいですが、これも高血圧によるものと考えられています。
白血病・・・通称「血液のがん」とも呼ばれる病気で、血液内の白血球が異常に増殖する病気です。血液が固まりにくく出血も止まりにくくなります。鼻血が頻繁に起こることで発見されるケースも少なくありません。
血友病・・・血液を固める凝固因子が欠落している為、一度出血すると止血がなかなか出来ない病気です。男性に多く見られます。
血小板減少症・・・血小板が減少する為、出血したら血が止まらなくなってしまいます。少量の出血でも命に関わる重篤な病気です。皮下出血やあざもよく見られます。

基本的に鼻血の大半が「キーゼルバッハ部位」と呼ばれる鼻の入口付近を損傷したことによる出血です。キーゼルバッハ部位は粘膜も薄い上に静脈が多数集まっている場所なので、最も出血しやすい部位です。鼻血の90%以上がこの部分の刺激によるもので、鼻をかみ過ぎた時もキーゼルバッハ部位を損傷して出血するものなので心配する必要はありません。ただし、一部においては鼻腔がんや白血病やなど重篤な病気の症状として現れる可能性もあることは覚えておきましょう。




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
hanaitai21★yahoo.co.jp
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。