鼻が腫れる
ここでは鼻が腫れて痛い場合に考えられる原因について、ご紹介していきます。

鼻先が腫れたり鼻全体が腫れて痛むこともあります。鼻が腫れると、鼻が詰まる鼻の症状だけでなく顔や頭など他の部位にも影響を及ぼし、日常生活に支障を来たすこともあります。鼻をぶつけたり顔面を打ったりした、いわゆる打撲で起こる腫れについては時間が経つにつれ次第に引いていくので問題ありませんが、腫れが病気など他の原因によって起こっている場合は注意が必要となります。


sponsored link



鼻が腫れて鼻が痛い場合に考えられる原因や病気には、以下のようなものが挙げられます。
花粉症(アレルギー性鼻炎)・・・鼻炎は鼻の粘膜に炎症を起こした状態なので、炎症と共に腫れも起こります。特に鼻腔内の鼻甲介という出っ張りが腫れることが鼻づまりの原因となります。
急性鼻炎・・・花粉症と同様、炎症反応により腫れも伴います。慢性鼻炎よりも急激に起こるので、場合によっては見た目で分かるほど大きく腫れることもあります。
慢性鼻炎・・・炎症反応により腫れを伴うこともあります。慢性的に腫れているので気付かないケースもあります。
蓄膿症(副鼻腔炎)・・・進行すると鼻の腫れだけでなく頬や目の周りまで腫れ、圧迫により強い痛みを伴う事もあります。
鼻前庭炎・・・鼻先の鼻前庭に炎症が起こった状態で、鼻先が腫れてかさぶたを形成することもあります。
鼻せつ・・・鼻先や鼻の穴に腫れがあり、触ると強い痛みを伴います。症状が進行すると炎症が顔面全体や頭蓋内にまで広がって、顔面蜂窩織炎や頭蓋内合併症を起こすこともあります。


sponsored link



鼻骨骨折・・・鼻骨骨折の際は出血後すぐに大きく腫れ上がってきます。早急にアイシング、適切な整復など処置を施せば、早い段階で腫れは引いてきます。
アデノイド肥大・・・アデノイド自体は鼻腔の奥にありますが、アデノイド肥大によって鼻や口など周辺が盛り上がるアデノイド顔貌を引き起こすことがあります。

鼻が腫れると当然鼻づまりを起こす可能性も高く、日常生活にも支障を来たしやすいです。どのような症状においても言えますが、原因が分かっていないものに対しては治療も難しくなります。鼻が腫れて痛む場合は、まず耳鼻咽喉科で受診されることを勧めます。




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
hanaitai21★yahoo.co.jp
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。