花粉症(アレルギー性鼻炎)
ここでは鼻の痛みの原因となる病気、花粉症(アレルギー性鼻炎)について詳しく説明していきます。

季節の移り変わる時期と言えば、花粉症をお持ちの方は辛い時期の到来ということでお悩みの方も多いでしょう。くしゃみや鼻水が止まらない、目がかゆい、喉が痛いなどなど花粉症の症状は非常に不快なものです。また、季節の変わる時期だけでなく年中通して症状がある方も珍しくありません。鼻の痛みも花粉症が原因となることも多いです。
そんな花粉症について、詳しく説明していきましょう。


sponsored link



【花粉症(アレルギー性鼻炎)とは】

花粉症とは医学的にはアレルギー性鼻炎と呼び、主にスギやヒノキなどの植物の花粉に対するアレルギー反応によって鼻の粘膜に炎症を来たす、いわゆる鼻炎を起こす病気です。アレルギー反応を起こす原因物質(アレルゲン)は花粉だけでなく、埃やハウスダスト、カビやダニ、動物の毛などが挙げられます。花粉症の場合は、アレルギー性鼻炎の中でも花粉によるものを指して言い、季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれます。

【花粉症の原因】

花粉症の原因は、アレルギー反応を起こす原因物質(アレルゲン)が体内に入ることで、自身の免疫機能によって排除しようと過剰に作用してしまうことで症状を起こしてしまうものです。主なアレルゲンは季節によって変わりますが、2〜4月はスギ花粉、3〜5月はヒノキ花粉、8〜9月はブタクサ花粉が代表的です。

【花粉症の症状】

花粉症の症状は、主にくしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの鼻炎症状と、流涙、目のかゆみなどの結膜炎症状が挙げられます。かなりの個人差があり、同じ花粉でも症状が軽い人も重い人も居ます。また、花粉が大量に散布される時期にのみ発症する場合もあれば、少量でも強い反応を起こす場合もあります。
直接の症状というわけではありませんが、上記のような症状によって二次的な症状を起こすこともあります。鼻の痛みや喉の痛み、頭痛や倦怠感、時には吐き気や腹痛などを催すこともあります。

sponsored link



【花粉症の予防と治療】

花粉症の予防対策としては、まずはマスクの着用です。マスクを着用することで花粉の侵入を防ぐのが最も重要です。そしてこまめに手洗いとうがいをすることも同様です。とにかく体内に花粉を取り込まないようにすることが、予防する上で欠かせません。

すでに花粉症を起こしている場合の治療法としては、症状を抑える対症療法が基本となります。抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬、ステロイド剤などの薬物療法で症状の緩和に努めることになります。鼻の粘膜を焼却してアレルギー反応を抑えるレーザー治療など完治を目指す治療法もありますが、実際に高い効果が得られないこともあるので難しい所です。


このページを見た方は次のページもよくご覧になっています。


⇒ 風邪などの感染症

⇒ 蓄膿症(副鼻腔炎)

⇒ 急性鼻炎

⇒ 鼻づまりで痛い

⇒ 鼻水が出る




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
hanaitai21★yahoo.co.jp
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。