風邪などの感染症
ここでは風邪やインフルエンザなどの感染症の影響で鼻が痛い場合について、詳しく説明していきます。

鼻が痛くなったら「あれ、風邪を引いたのかな?」と真っ先に思い浮かべる方も多いでしょう。鼻づまりや鼻水が出ると、頻繁にあるいは強く鼻をかんでしまいがちです。また鼻先や鼻の奥の不快感から鼻をこすることもよくあります。風邪を引いた時の鼻の痛みは、ほとんどがこれが原因と考えられます。鼻をかんだりこするという行為によって、鼻周辺の皮膚や鼻の粘膜が必要以上に刺激されて痛みを起こしてしまうのです。


sponsored link



また、風邪を引きやすい環境と言えば「寒い時期」です。寒い時期は体の末端部分はよく冷えます。鼻先も冷えやすい場所の一つに挙げられますが、寒い環境下に鼻がさらされて血管が収縮することで神経を刺激し、これが痛みを起こす原因となる場合も考えられます。

【風邪などの感染症について】

風邪は医学的には「急性上気道炎」や「風邪症候群」、「感冒」などと別の呼ばれ方がされます。主な症状は鼻水鼻づまり、咳や痰といった呼吸器系症状、下痢や嘔吐などの消化器系症状、発熱や倦怠感などの全身症状などが挙げられます。

風邪は様々なウイルス感染の総称として扱われていますが、主な原因ウイルスはライノウイルスやコロナウイルス、RSウイルスなどです。感染症には他にもインフルエンザを筆頭に麻疹や風疹、水疱瘡や手足口病、ノロウイルスやロタウイルスなど一般に知られているだけでも数多くの病気があります。鼻の痛みに関係するのは、基本的に呼吸器系の症状を呈す感染症になります。


sponsored link



このページを見た方は次のページもよくご覧になっています。


⇒ 花粉症(アレルギー性鼻炎)

⇒ 急性鼻炎

⇒ 鼻をほじる・喫煙などの刺激

⇒ 鼻づまりで痛い

⇒ 鼻水が出る




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
hanaitai21★yahoo.co.jp
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。