鼻骨骨折
ここでは鼻の痛みの原因となる病気、鼻骨骨折について詳しく説明していきます。

鼻を骨折する機会は意外と少なくありません。鼻は顔の真正面に位置していることに加え、顔の表面から突出する形状も含めて衝撃を受けやすい場所でもあります。殴られたり、スポーツや交通事故など、鼻に外傷を受けることは意外と多いものです。
また鼻骨は構造的にも衝撃に強い骨ではないので、少しの衝撃でも骨折をしてしまうことは珍しくありません。


sponsored link



【鼻骨骨折の原因】

鼻骨骨折の原因は、鼻に外部からの衝撃を受けることです。不注意でどこかにぶつけたり転倒した時、スポーツや交通事故で衝撃を受けた時、喧嘩やトラブルなどで顔を殴られた時などが主な原因となります。

【鼻骨骨折の症状】

鼻骨骨折をした際の症状としては、受傷後すぐに鼻からの出血、鼻の変形が見られます。鼻出血はほとんどの場合で起こりますが、皮また、鼻の変形は「くの字」に曲がる折れ方もあれば、鼻筋が斜めになる斜鼻(しゃび)、鼻の付け根が陥没する鞍鼻(あんび)などの形状が挙げられます。しばらくして出血が止まるまでには鼻周辺が腫れ、それによって鼻腔が狭まり鼻づまりを起こします。腫れが引くまでは鼻呼吸が困難となる場合もあります。


sponsored link



【鼻骨骨折の治療】

鼻骨骨折の治療は、まず折れた鼻の形状を鉗子という器具を用いて矯正します。その際は局所麻酔下にて行われます。鼻の矯正が済んだら鼻閉を防ぐ為に鼻腔内にタンポンを入れ、外側は金属板などを添えたテープで鼻を固定して再変形を防ぎます。ただし受傷後1週間以上経ってからでは、折れた形での癒着が始まっていて鉗子での整復は難しくなります。その場合は、全身麻酔下で骨を削ったり切ったりして矯正する手術が必要となってきます。


このページを見た方は次のページもよくご覧になっています。


⇒ 鼻中隔湾曲症

⇒ 鼻茸(鼻ポリープ)

⇒ 鼻づまりで痛い

⇒ 鼻血が出る

⇒ 鼻が腫れる




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
hanaitai21★yahoo.co.jp
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。